無停電電源装置

無停電電源装置


無停電電源装置の英語名称は、Uninterruptable Power Supplyです。頭文字を取った略称はUPSで、文字通り、停電時でも設備への電力供給が可能です。


蓄電池容量の選択は、使用可能時間の長さで決まり、選択した電池の良し悪しもまたパフォーマンスと使用期限に影響します。現在、ほとんどが鉛蓄電池を使用しています。充電、放電中の点検修理・テストであっても、電圧、電流の規格準拠を保証するものでなければなりません。高すぎる電圧や電流は、バッテリーの熱暴走(サーマルランナウェイ)や脱水を引き起こす可能性があり、低すぎる電圧、電流は充電不足を引き起こします。これらは電池寿命に影響を与えますが、前者の影響はより大きいのです。
鉛蓄電池はすでに普遍的に大量使用されており、その価格もまたリチウムイオン電池に比べると大変安価です。しかし、そのパフォーマンス、安全性、環境汚染などの不当性について、私達は直視すべき問題ではないでしょうか