Although motorcycles are smaller than cars, the former's emission is 3 to 4 times that of the latter's.

電動自転車と電気バイク


Aleees LFPリン酸鉄リチウムバッテリーは、15分以内で電気容量の85%の充電が可能な能力があり、従来不評だった充電時間の問題を解決しています。

電動自転車と電動バイクは、短距離の歩行に代わる重要な交通手段です。その内バイク方式の電動自転車は、時速20キロ、平均航続力は40キロ以上と、すでに歩行に代わる要件を満たしています。そのうえ、その電力は補助的な性質で、たとえ途中でバッテリーが切れたとしても、従来の一般的な自転車と同様、気楽に乗って帰宅でき、車体を引っ張らなければならない窮状を避けることができます。それ以外に、現在使用されている鉛蓄電池を動力源とする交通機関から見れば、毎年世界中の鉛蓄電池生産量の50%が電動交通機関に使用されるとすると、3億8千万台の電動車動力を提供できます、この動力は下記に相当します:

  1. 毎年使用する石油は約1億1千万トンです。
  2. 2億2千4百万トンの二酸化炭素排出は、台湾7.5個分の森林伐採面積にあたり。
  3. 約40基の原子力発電所の発電規模。


これらのエネルギーはもちろん電動自転車、ゴルフカート、電動カートなどにも利用できます。しかし、鉛蓄電池のエネルギー密度は低く(30Wh/kg)、エネルギー変換効率は良くありません(60%)。重量が重いということは、より大きな動力が必要で、さらに多くの鉛蓄電池も必要となり、往々にして一種の悪循環を作り、多くの無駄な電力を浪費することになります。安全性を考慮し、他の電池を代替品として使用するには至っていません。しかしながら、LFPは高い安全性、高いエネルギー密度(130Wh/kg)、高いエネルギー変換効率(95%)を備えており、さらに重要なことは、Aleeesの LFPリン酸鉄リチウムバッテリーは、15分以内の充電で、電気容量の85%まで充電する能力があり、従来不評だった充電時間はすでに解決されていることです。そのためAleeesの LFPリン酸鉄リチウムバッテリーは、鉛蓄電池の優れた代替品なのです。

電動バイクはガソリンの代わりに電力を使用するため、排気ガスを排出しません。エネルギー補給の際は、家庭用電源を使用しバッテリー充電を行うことができます。石油価格が日ましに高騰する状況のもと、相対的にエネルギー使用コストを下げることができます。現在の電動バイクが使用している鉛蓄電池規格から見ると、充電一回当たり約40キロの走行が可能で、充電1回当たり約2kWhが必要となります。Aleeesの LFPリン酸鉄リチウムバッテリーを使用すると、変換効率とエネルギー密度が上昇するため、充電1回当たり約55キロの走行が可能です。95無鉛ガソリン1リットル当たり34台湾元で、約35キロ走行可能です。比較してみましょう:

(電動自転車と電動バイクのバッテリー応用状況)


電動カート
電動車椅子および、電動カートは、原動機付患者用車両で、製品としては医療器材に属します。医療リハビリテーション事業では、電動カート及び電動車椅子の製造は、主に高齢者や障がい者の医療歩行用として用いると同時に、それに関わる簡単な日常生活の作業を助けます。現在、電動カートはすべて鉛蓄電池を使用し、電力貯蔵設備としていますが、鉛蓄電池はパフォーマンスが低く、汚染性が高いため、Aleeesの LFPリン酸鉄リチウムバッテリーに変えて使用すれば、パフォ-マンスが向上し、電動カートを軽量化することが可能になり、より多くの使用範囲に拡大できることでしょう。