応用

応用


石油資源は人類の生活を豊かにしてくれましたが、同時に環境汚染を引き起こし、人体の健康に著しい影響を与えています。石油資源の埋蔵量は40年ほどで枯渇すると言われているにも関わらず、人類の石油依存度は高まるばかりです。 人類が引き起こした産業革命により、化石燃料の消費は拡大を続け、以来、地球の温度は0.3~0.6℃上昇し、海面も10~15cm上昇しています。この間、二酸化炭素濃度は28%も上昇し、それが地球の生態系に与えた変化の報告は枚挙にいとまがありません。一方、事故による影響も少なくありません。2010年4月に発生したメキシコ湾原油流出事故では2500平方キロに及ぶ海域が原油に覆われたため6,104羽の鳥類、609匹のウミガメ、100頭のイルカが死亡したとの米国政府による調査報告があります。更に石油資源の生産地が一部に集中していることによって、その輸送に必要とされるエネルギー消費が更なる二酸化炭素の排出を余儀なくされているという実態があります。代替エネルギーとその貯蔵方法の開発は人類の継続発展にとって重要な課題となっています。


Aleeesは、高品質・長サイクル寿命の正極材料で、各種エネルギーアプリケーションを活用し、資源を十分に利用するだけでなく、「炭素ゼロ・フル回収」という究極の目標を実践し、人類と環境の共存を再現します。
 

次世代バッテリー交換式電気バス
ディーゼルバス1台当たりの年間エネルギー消費量は、5万リットルのディーゼルオイルです。そして、128トンの二酸化炭素が排出されます。Aleeesのバッテリー交換式低床電気バスは、高いコストパフォーマンスで長サイクル寿命のLFP―NCO(ナノ金属酸化物共結晶リン酸鉄リチウム化合物)正極材料によって、川上・川下産業のパートナーを結び付けると同時に、業界をリードするシーメンス社の電機技術を搭載し、率先して汚染ゼロ、排出ゼロへの移行を成し遂げ、実際に石油消費を低減しています。また、協力して業界初の「充電交換バッテリー運営システム」の枠組みをつくり、本当の意味での「低炭素都市グリーンエネルギー交通網」を構築しました。

電気自動車
全世界の自家用車数量はすでに5億台を超えています。そのうえ石油価格は絶えず上昇し、京都議定書の正式な効力発生などの要素の影響を受け、環境を汚染する石油に代わる電気エネルギーを動力源とすることは、もうすでに各国政府が積極的に推進し新興する「グリーンインダストリー」となっています。

電動自転車と電気バイク
電動自転車と電気バイクは、すべて短距離の歩行に代わる交通手段です。電動自転車は電気エネルギーのバイク方式で、時速20キロ、平均航続能力は40キロ以上で、歩行に代わる要件を満たしており、しかもその電力は補助的な性質を持っています。また、現在のバイクは排気量、体積各方面において自動車と比較すると小さいのですが、排出する二酸化炭素量は自動車の3~4倍です。空気を汚染することについては自動車に遠く及ばず、電気エネルギーを利用する電気バイクなら、二酸化炭素排出に関する問題はありません。

貯蔵エネルギーシステム
Aleeesのリン酸鉄リチウムバッテリーは、長サイクル寿命、安全と高エネルギー密度などの強みを持っており、リン酸鉄リチウムバッテリーを貯蔵エネルギーシステムで活用すれば、リン酸鉄リチウムバッテリーの強みを最も発揮できるのです。

無停電電源装置
蓄電池容量は、使用時間の長さを決め、バッテリー体系の違いもパフォーマンスと使用期限に影響します。市場ではほとんど鉛系、ニッケル水素系が主となっています。充電、放電中の点検修理・テスト状態で電圧、電流の規格準拠を保証しても、環境保護汚染ゼロの理想にたどり着くことはできません。
軍事運用
軍事用バッテリーは、環境や機能が特殊な需要であるため、およそすべての戦車、潜水艦、艦艇、軍事用車両は、この種のバッテリーを使用しており、現在、ほとんど高倍率放電性のニッカド電池及び鉛蓄電池が採用されています。

電動工具
電動工具は初期の頃、高放電性のニッカド電池に独占されていました。しかし、カドミウムは猛毒で、環境への影響が甚大です。ニッケル水素電池が登場し、ニッカド電池に取って代わりました。ニッケル水素電池の容量密度はニッカド電池の1.5倍以上でしたが、記憶容量に関する問題のせいで、リン酸鉄リチウムバッテリーがやはりリードしています。

医療用品
新型のAleeesリン酸鉄リチウムバッテリーは、高容量、小型、軽量などの長所のほか、さまざまな環境条件のもとでも使える絶対の安全性を備えており、各種医療用品においての応用は、世の人々のために医療プロセスのスピードと品質を改善することができます。

電池駆動船
AleeesのLFP―NCO(ナノ金属酸化物共結晶リン酸鉄リチウム化合物)材料で作るバッテリーは、安全で汚染が無いだけではなく、エネルギー密度が鉛蓄電池と比較して高いため、軽量化できるほか、独自の快速充電能力(15分で85%充電可能)を持ち、応用する上で便利です。